WATCHMAKING by Paul Bakkari

Born in Tokyo Japan, 1994.

やるべきことと、考えたこと

 

Paul Bakkariです。

ちょっと、考えていることを垂れ流します。

(書き物としての質は期待できません)

 

 

 

私は機械式時計をつくりたいと考えているのですが、

現状ほとんどリソースはない状態です。

 

リソースというのは、金銭・知識・技術・人的ネットワーク・環境などです。

そもそも落ちこぼれ浅学非才文系大学生の私が、精密機械である時計をつくろうと思うこと自体滑稽とすら思えるかもしれません。

 

ついこのあいだまでは、こうしたディスアドバンテージを考えては「厳しいなあ」と落胆するばかりでしたが、だんだんと精神状況が変わってきました。

 

 

最近私はこの状態に非常に興奮してきています。

やらなければいけないことすべてが自分にとって全く未知の分野だからです。

 

未知に挑むということは困難がつきもので、痛い思いもたくさんするため人間どうしても避けようとしてしまいますが、視点を変えればこれほど面白いことはないとも言える。

 

というのも、無知→知、不可能→可能というプロセスを非常にわかりやすいかたちで体験できるのは、自分がこれまでの人生で営んできた領域ではなく、全く未知の領域においてこそだからです。

 

成果にこだわる、というのは大事ですが、私個人はプロセスにも重きをおいた人生を送りたい。

そう考えると、このチャレンジは最終的な顛末がどうなろうと、やる価値があるものです。

 

 

・純粋な興味がある

・過去に、関連した美しい原体験がある

・周囲の応援がある

・市場で評価されれば職業として生活できる可能性がある

 

 

こういう条件を満たす「時計」というものに出会えて、本当によかった。

 

 

しかし、本当にやるとなれば、問題は山積みです。

いかに手足と頭脳を動かしていけるか、

そこにこれから注力する必要があります。

 

 

 

やりたい・やるべきインプット

・知識(構造、社会集団、歴史、ブランド、ビジネスなど複合的視点から)

・技術(修理、加工、工作機械、設計など)

・体験(足を動かし、良いものに触れていきたい。ブティック巡り、スイス旅行など)

 

やりたい・やるべきアウトプット

・設計・製作(fusion360→街にあるDIY工房などを活用できるか?)

・ブログ・SNSでの過程発信(稚拙でも外に出していく)

 

大きな視点から見て、必要なこと

・脳みそのスペックを上げる

・生活における諸々の行動の生産性を上げる

 (タイムマネジメント、優先順位づけ。これはもっとも苦手な部分)

・肉体の鍛錬と健康の維持

 (虚弱体質の克服あるいはカバー)

 

 

なんか実力ないのに意識高い人みたいでアレですが、頑張っていきたいと思います。

 

ーーーーーーーーーー

自己チューニング

 

以前メンタルクリニック発達障害の可能性があると指摘されたことがあります。

うつ病一歩手前までいってしまった時期のことです。

 

そのときは、なるほど今まで生きにくかったのも納得だ、と感じましたが、

ある程度精神が落ち着いてきたいま、

 

「で、どうするか?」

 

という部分に意識を向けられるようにやっとなってきました。

 

発達障害だからやさしくしてね、というのは私の場合

ずぶずぶの他責思考に浸かってしまいやすいので避けたい。

自分の頭で、どうやって強みを伸ばし弱みをカバーするか考えていかねばなりません。

 

 

色々考えてきた結論として、個人の幸福という観点では、観察と内省に基づいた深い自己理解が、陳腐でありきたりな言い方ではありますけれども結局一番大事なのだとわかりました。

 

しかし、他人のフレームワークや異なるパラダイムの文脈がコピーライティングに乗って跋扈するような時代においては、こんな陳腐なことですら、実践し続けるのは容易ではありません。

 

「正解」のかたちが無限に多様化・拡散し、情報や物質の移動速度が高まっている現在は、非常に自由度が高い一方、

 

自分に固有の文脈をつくるだけの能力や意志がない人は、「自由からの逃走」としてむしろ一元的な価値観(収入や社会的地位など)に自らを収束させていこうとする傾向が高まっているように思えます。

 

油断すれば自分もあっさりとそういう人間になってしまう。

いや、今すでになっている可能性もある。

 

 

個々人が自分にあった文脈を生成していかなければならない世界に突入している。

 

厳密に言えば「〜しなければならない」などということは本来一切ないはずなのですが、やはり私は文脈をつくり出せる人間になっていきたい。

 

ならば、自分で問題を発見し、解決していける頭脳が必要。

じゃあ鍛えなきゃ、と。

今ここです。